江東区に関係があった!渋沢栄一の特別展示や史跡で予習をしよう♪

※写真はイメージです。

2021年2月14日(日)から始まるNHK大河ドラマ「青天を衝つけ」の主人公である渋沢栄一。

実は江東区にゆかりのある人物であることをご存じですか^^?

特別展「渋沢栄一と江東」

~実業家栄一 揺籃(ハジマリ)の地~

日本近代史に大きな足跡をのこした渋沢栄一は、明治9年(1876)から12年間、深川福住町に住みました。江東区は栄一が実業家として出発した揺籃(ハジマリ)の地であり、ここを拠点に近代日本の礎を形作りました。

特別展「渋沢栄一と江東」|江東区中川船番所資料館

日本資本主義の父とも呼ばれる人物であり、一万円札の肖像画になることも決まった渋沢栄一。

来年の大河ドラマの主人公でもあり、いま注目度がグングン上がっている人物です^^*

そんな渋沢栄一が過ごした場所が、なんと江東区にもあったんです♪

詳細

開催場所江東区中川船番所資料館
期間~2021/2/14(日)
時間09:30~17:00(入館は16:30まで)
料金大人 200円
小・中学生 50円
アクセス〒136-0072
東京都江東区大島9-1-15

また、先着受付にてミュージアムトークが開催されるそうです^^*

特別展関連イベント
2021年2月6日(土)
13:00~13:40/14:30~15:10

                        申し込み受付中(先着順)

詳細は公式ホームページをご確認ください。
江東区中川船番所資料館

渋沢栄一に関連する史跡

門前仲町から徒歩4分の場所には 渋沢栄一宅跡 があり、江東区の史跡として登録されています。

明治9年~明治21年の間、深川にあった家は、その後中央区の日本橋兜町に移転されました。

渋沢栄一宅跡|一般社団法人 江東区観光協会

来年の大河ドラマが始まる前に訪れてみてはいかがでしょうか♪


豊洲マガジンとは?

豊洲マガジンは豊洲周辺をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲周辺地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲周辺に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!

WRITTEN BY

よよぎかなこ

東京生まれ代々木育ちのライター

江東区の街情報やグルメ情報を女性目線で
お届けいたします♪

スマートハウジング豊洲まちなみ公園

投稿者プロフィール

2013年4月にオープンした住宅展示場。緑豊かな町並みと潮風を感じながら見学できる最先端のモデルハウスを展示。おでかけ情報発信ブログ『豊洲マガジン』を配信中。

この著者の最新の記事

関連記事

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲周辺をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲周辺地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲周辺に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?

PR

江戸前場下町logo 
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
SPORT X ART
豊洲商友会
ららぽーと豊洲
kindery
 TOKYO FM
たまひよ写真館
ページ上部へ戻る