江東区にも都電が走っていた!チンチン電車の面影めぐり

※撮影は4月初旬に行いました。

このまっ~~すぐな道、何かに見えてきませんか?

じつは、江東区にもかつて走っていた都電の線路の跡地なのです♪

今回は亀戸緑道公園からその面影をご紹介します。

いつまで都電が走っていたの?

亀戸を走る都電の様子

都電は主に6系統あり、東西南北に経路が広がっていたそうです。

江東区では1972年11月12日に廃止されるまで、 都電が走っていました。

今からおよそ50年前のことです^^*

亀戸緑道公園

都電が廃止された後、専用軌道の一部が亀戸緑道公園・大島緑道公園・南砂緑道公園として整備されています。

亀戸緑道公園のみどりこいの散歩道は、春には約100本ものソメイヨシノが満開になる絶景スポットなんですよ^^♪

都電にまつわる歴史

亀戸緑道公園 では、都電の深い歴史をみることができます。

「堅川専用橋」と「堅川人道橋」の様子を伝えるモニュメント。都電で使われていた電車専用橋です。

都電廃止後も、竪川を渡る橋梁は「堅川人道橋」として残されていたそうなのですが、老朽化のため2011年に撤去されています。

都営バスへの変遷

都電の路線の多くは廃止されたものの、じつは日常風景の中に面影は残っているのです。

例えば、かつて東京都の水神森と洲崎を結んだ砂町線(すなまちせん)は現在の都営バス都07系統が走るなど、

現在の都営バスがほぼ同一区間を走っているのだそう。なんだか感動してしまいますね…!

みどりこいの散歩道を歩いてみよう

コロナ渦で遠出ができない昨今、密を避け散歩道を歩いてみるのはいかがでしょうか。

都電の車輪跡や歴史に触れることができますよ^^*

江東区の歴史に興味を持った際には、ぜひ足を運んでみてください♪


豊洲マガジンとは?

豊洲マガジンは豊洲周辺をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲周辺地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲周辺に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!

豊洲マガジンLINE

WRITTEN BY

よよぎかなこ

東京生まれ代々木育ちのライター

江東区の街情報やグルメ情報を女性目線で
お届けいたします♪

スマートハウジング豊洲まちなみ公園

投稿者プロフィール

2013年4月にオープンした住宅展示場。緑豊かな町並みと潮風を感じながら見学できる最先端のモデルハウスを展示。おでかけ情報発信ブログ『豊洲マガジン』を配信中。

この著者の最新の記事

関連記事

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲周辺をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲周辺地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲周辺に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?

PR

江戸前場下町logo 
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
SPORT X ART
豊洲商友会
ららぽーと豊洲
kindery
 TOKYO FM
たまひよ写真館
ページ上部へ戻る