第五福竜丸が夢の島公園で展示されている理由は?9月7日より営業再開の第五福竜丸展示館

※写真はイメージです。

7月から臨時休館していた 都立第五福竜丸展示館が、9月7日より再開館となりました^^*

第五福竜丸展示館はこんなところ!

第五福竜丸展示館は、東京オリンピック・パラリンピック会場にもなった夢の島公園の一角にあります。

看板の案内に従って階段を降り、奥へ進んでいくと…

なにやら変わった屋根の建物が見えてきました!じつは、これが第五福竜丸の展示館なんです!

青空に映え、とってもかっこいい建物ですね^^*

第五福竜丸とは?

第五福竜丸は 1954 年 3 月 1 日、マーシャル諸島ビキニ環礁でアメリカがおこなった水爆実験により被ばくした静岡県焼津港所属の遠洋マグロ延縄漁船です。

都立第五福竜丸展示館HP

館内には一隻の大きな船が展示されており、その迫力に驚かされます。

船底を見る機会はなかなかありませんよね。スクリューなども間近で見ることができます。

なぜ夢の島で展示されているの?

静岡県焼津のマグロ漁船だった第五福竜丸が、なぜ江東区の夢の島に展示されているのでしょうか?

その理由はなんと、夢の島がゴミの処分場だったから

第五福竜丸(当時は水産大の「はやぶさ丸」)は 1967 年に廃船処分となり、解体業者に払い下げられ、船体はゴミの処分場であった「夢の島」の埋立地に放置されました。

都立第五福竜丸展示館HP

大きな船体がゴミとして捨てられていたなんて、驚きですね。

エンジンのみほかの貨物船で再利用されていたそうですが、その後28年間もの間、海底に水没していたそうです。

有志の活動によって引き上げられ、現在は展示会場の屋外に展示されています。

夢の島公園の第五福竜丸展示館へ、親子で訪れてみてはいかがでしょうか♪

公式サイト 都立第五福竜丸展示館HP
住所東京都江東区夢の島2-1-1
夢の島公園内
アクセス「新木場駅」から徒歩10分
都営バス「夢の島」から徒歩5分

参考:都立第五福竜丸展示館HPWikipedia「第五福竜丸」


豊洲マガジンとは?

豊洲マガジンは豊洲周辺をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲周辺地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲周辺に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!

豊洲マガジンLINE

WRITTEN BY

よよぎかなこ

東京生まれ代々木育ちのライター

江東区の街情報やグルメ情報を女性目線で
お届けいたします♪

スマートハウジング豊洲まちなみ公園

投稿者プロフィール

2013年4月にオープンした住宅展示場。緑豊かな町並みと潮風を感じながら見学できる最先端のモデルハウスを展示。おでかけ情報発信ブログ『豊洲マガジン』を配信中。

この著者の最新の記事

関連記事

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲周辺をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲周辺地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲周辺に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?

PR

江戸前場下町logo 
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
SPORT X ART
豊洲商友会
ららぽーと豊洲
kindery
 TOKYO FM
たまひよ写真館
ページ上部へ戻る